ホーム 次のページ >

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

余震はいつまで続くのか?その81 (警報解除)

2011-07-31 20:04

毎度のお付き合いをありがとうございます。

皆さま、お早うございます。

ご存知のように、昨夜未明の3:54に福島県沖でM6.5、最大震度5強の強い地震がありました

真夜中だったで、皆さま驚かれたのではないでしょうか。
揺れの強かった地域の皆さまには、お怪我などされませんでしたか?
これで、やっと予測Aもリセットとなりましたので、地震警報を解除いたします。

グラフの方も、ご覧の様な状態にりました。
震度の予測62.jpg

ここからは地震予測の検証です。
私の予測では1:56が該当しますが、1時間程度早くなることはあっても、2時間近く遅延するとは、
全くの予想外でした。
やはり自然現象の予測は、そう簡単には計算通りにならないということを思い知らされます。

一番単純な解釈としては、
今回の震源域の断層角が一般的な45度ではなく、15度(2hなので30度違う)という非常に浅い角度であった、
と考えられます。
※気象庁HPに震源断層のCMT解析結果というものがあって、M4以上はこの解析がされています。
 これによると、M6クラスの震源域では、断層角45度よりも60~80度のケースが多いようです。
 今後は、このあたりの知見も考慮していきたいと思います。

それにしても、
震源域が沿岸から僅か40kmの近さにあって、深さ57kmとかなり深いのは不幸中の幸いでした。
仮に、10kmだったら、
確実に震度6強はあったケースと考えられます。ここにも神さまの手加減があっのでしょうか。

ところで、これで2回連続で予測Aの下限に近い地震となりました。
上か下かの二者択一が3回も同じなることは、確率でいえば 1/(2^3)=1/8=12.5%なので、神さまも3回連続では、
なかなか同じことはしないと思います。

もしかすると、次は、予測Aの上限かもしれませんね。

うちのマンションのエレベータは、大体震度4で自動停止するのですが、今見てきたら案の定、停止してました。
今日は、買い物で荷物が多いので、帰って来るまでには復旧(メーカーさんが来て)してて欲しいです。

では、また。
スポンサーサイト

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その80 (緊急地震警報発令3)

2011-07-31 01:59

毎度のお付き合いをありがとうございます。

昨夜は、
私が就寝してすぐに地震があったようですが、気付かず寝てましたぁ。

23:53福島県沖M5.5ですが、
昨日の追加情報で指摘した通り、時間は約1時間早く震源地も予定の場所からずれてました
これも、蓄積されたエネルギーの大きさゆえ、と解釈しておりますが、
一方で、これまでの分析から得られたデータ上、本来なら千葉東方沖か三陸沖で起こるべき時間に、
その中間地点で発震があるという事は、地殻が大きく動く前兆ではないかとも、考えられます。

グラフの方ですが、予測Bは2回のリセットがありましたが、予測Aは上昇を続けております。
震度の予測61.jpg

予測Aの現在値(10:30)M6.944で+誤差0.65を加えると最大M7.59となります。

以下、今日以降の予測日時です。(月入4.4h+は過去実績が1回でM5.1と小規模のため削除)

震源域    千葉東方  福島浜通 福島沖 岩手沖 宮城沖
候補地  三陸沖,福島沖 茨城内陸     三陸沖

     月齢  茨城沖  茨城沖       茨城沖 茨城沖
-------------------------
 7/30(土)28.8  M5.5   外れ  外れ   外れ  M4.3
 7/31(日) 0.3  01:56  08:54  10:18  14:54  21:42
  8/1(月) 1.3  02:48  09:30  10:54  15:32  22:04
  8/2(火) 2.3  03:40  10:05  11:30  16:07  22:23
  8/3(水) 3.3  04:36  10:42  12:06  16:44  22:42
  8/4(木) 4.3  05:32  11:20  12:45  17:22  23:02
  8/5(金) 5.3  06:27  11:59  13:24  18:01  23:27
  8/6(土) 6.3  07:26  12:43  14:08  18:45  23:56
◇8/7(日) 7.3  08:33  13:36  15:00  19:36  -:--
★8/8(月) 8.3  09:48  14:43  16:06  20:41  00:36
◎8/9(火) 9.3  10:58  15:52  17:15  21:49  01:45
◇8/10(水)10.3  12:04  17:00  18:23  22:57  02:56
◇8/11(木)11.3  13:04  18:08  19:32  -:--   04:11
★8/12(金)12.3  13:57  19:12  20:35  00:05  05:29
◎8/13(土)13.3  14:43  20:14  21:38  01:09  06:52

[★は特異日(確率3倍超)、◎は注意日(確率2倍超)、◇は予備日(平均確率)、無印は平均以下の日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

私の解釈通りだとすると、M7は目前まで迫ってきているものと思われます。
そして、震源域は、おそらく福島~房総にかけての広い範囲を想定しております。

ここで、三陸~福島を含まないのは、
茨城沖の余震割合の増加と、福島沖M5.5の2h後に千葉東方沖で地震があったことによる私の解釈です。
また、茨城沖M5クラスを改めて検証した結果、ここは4方向で発震がありましたので、追記しております。

どうか、皆さまには、強い揺れへの備えと、就寝環境(※)の再確認をよろしくお願い致します。
(※近くに落下物が無いないか、照明類を手の届く範囲に置くなど)

来るのが避けられないなら、
どうか、出来るだけ小さく、より遠くで、より深い震源域を。神さま、お願いします。

いよいよ千葉、茨城方面が危うくなってきたように思えてなりません。

では、また。


追伸(11:20)
今日の気象衛星画像(可視カラー)では、宮城沖~房総沖の400km超にかけて、
直線状に、雲のないボイド(穴)が発生しています。
このような現象も、地震に関係しているとWEB上で見た事があります。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その79 (緊急地震警報発令2)

2011-07-30 09:18

毎度のお付き合いをありがとうございます。

なかなか、次が来ませんね。

私の予測としては、てっきり、
昨夕の三陸沖M5.6がキッカケとなって、更に大きい地震を誘発させるものと考えておりましたが、
これまでの余震の発生状況を見ると、どちらかと言えば小粒になり、また茨城の比率が上昇気味です。

グラフの方ですが、予測A,Bの差がだいぶ開きましたので、また予測Aの下限値を記載しました。
震度の予測60.jpg

予測ですが、現在値(19:00)M6.931で+誤差0.65を加えると最大M7.58となります。

今日は、皆さまにお知らせがあります。
これまでは、余震の発生確率が平均の1倍以上のみを掲載してきました。

しかしながら、
過去の実績を確認した結果、これほどエネルギーを溜め込んだ状態では、もう確率との相関関係は薄くなり、
いつ大きな余震が発生するやも知れない状況と判断し、予測Aのリセットまで「緊急地震警報発令中」
として、予測日時を掲載いたします。

★追加情報(7/29 22:50)
 昨夕の三陸沖M5.6では予測より1時間も早く地震が発生しました。
 これは、私の解釈ですが、10時間もの小休止により蓄積エネルギーが高くなり、潮汐ベクトルが断層角45度
 になるのを待たずに、その15度手前で(1時間前なので15度違う)地震が発生したものと考えられます。
 したがって、今後は同じ理由で、予測時間より1時間早く地震が発生するリスクもあると思われます。

以下、今日以降の予測日時です。

         月齢  月出3h-  南中3h-  南中1.6h-  南中3h+  月入3h+  月入4.4h+
  震源域       千葉東方沖 福島浜通り  福島沖   岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地        三陸沖   茨城内陸   三陸沖  
------------------------------------------------------------------------------
◇ 7/29(金)   27.8   --:--   空振り    空振り     空振り     20:09    21:32
   7/30(土)   28.8    0:49     8:01      9:25     14:02     21:07    22:31
   7/31(日)   0.2      1:57     8:55     10:19     14:56     21:45    23:09
   8/ 1(月)    1.2      2:50     9:31     10:56     15:33     22:05    23:30
   8/ 2(火)    2.2      3:42    10:07     11:31     16:09     22:24    23:48
   8/ 3(水)    3.2      4:38    10:43     12:08     16:45     22:43    --:--
   8/ 4(木)    4.2      5:34    11:22     12:46     17:23     23:03     0:07
   8/ 5(金)    5.2      6:29    12:01     13:25     18:02     23:27     0:27
   8/ 6(土)    6.2      7:28    12:44     14:09     18:46     23:57     0:52
◇ 8/ 7(日)    7.2      8:33    13:36     15:00     19:36     --:--     1:21
◆ 8/ 8(月)    8.2      9:47    14:42     16:05     20:40     0:36     2:01
○ 8/ 9(火)    9.2     10:57    15:50     17:14     21:48     1:44     3:08
◇ 8/10(水)  10.2    12:02    16:58     18:22     22:56     2:55     4:18

 [◆は特異日(確率3倍超)、○は注意日(確率2倍超)、◇は予備日(平均確率)、無印は平均以下の日]
 [3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
 [的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

もう、どこの震源域で大きいのが来ても、おかしくない状況と考えられます。
どうか、皆さまには、強い揺れへの備えと、就寝環境(※)の再確認をよろしくお願い致します。
(※近くに落下物が無いないか、照明類を手の届く範囲に置くなど)

現時点で、8/6以降まで持ち越すと、M8クラスの大きいのが来ることになります。
来るのが避けられないなら、
どうか、出来るだけ小さく、より遠くで、より深い震源域を望みます。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

また地震雲?

2011-07-29 14:26

携帯からの更新に付き、手短に。

今日も気象衛星画像を確認すると、三陸沖に200km超の直線状の雲が3本も出現しております。
奇しくも、ブログでは、次の予測を12:55に岩手沖としております。
果たして、どうなりますことやら。。。


追伸
予定時刻を30分過ぎましたので、またまた空振りでした。
地震雲らしき直線状の雲は、まだ残ったままです。
次は、20:09の宮城沖です。

追伸2
気象衛星画像ですが、14時の可視画像をカラーで見てみたら、
何と、宮城沖から房総沖までの約400km超にも及ぶ直線状の
巨大な雲に成長してました。
嫌な予感が的中しなければ良いのですが。。。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

地震 来ませんねぇ

2011-07-29 00:23

毎度のお付き合いをありがとうございます。

一番心配だった、
23時台の大きいのも来ないまま、予備日も明日一日を残すのみとなりました。

ですが、このまま緊急地震警報は継続いたします。

         月齢  月出3h-  南中3h-  南中1.6h-  南中3h+  月入3h+  月入4.4h+
  震源域       千葉東方沖 福島浜通り  福島沖   岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地        三陸沖   茨城内陸   三陸沖  

------------------------------------------------------------------------------
◇ 7/28(木) 26.8   空振り    空振り    空振り    空振り   (M5.6)    空振り
◇ 7/29(金) 27.8   --:--     6:59     8:22     12:55     20:09    21:32
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

本当に、このまま8月を迎えてしまうと、最悪M8クラスが待っているかも知れません。

グーテンベルグ・リヒターの法則通り、M8の1回が残っているのでしょうか。。。
(本震M9に対して、M1小さい余震は1回、M2小さい余震は10回あるのです)

一体、どうなってしまうのやら。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

たまには音楽の話題をしたいと思います

2011-07-29 00:02

毎度のお付き合いをありがとうございます。

もしかしたら、もうすぐ地震が来るかも知れない時に不謹慎かも、とも思いましたが。

ついさっき、
FM聴いてたら、久々にリンドバーグの曲が流れてて、とっても懐かしくなりましたぁ。
「今すぐ Kiss me」「Believe in Love」
いや~、本当に懐かしいです


もう20数年前ですが、
私も学生バンドを組んで、教会のボランティアメンバーとして活動してました。
ラスキンクラブと言って、毎月最後の金曜日に渋谷の教会でライブやってました。

ちなみに、担当は一番目だちたがり屋のリードギター。
手首に赤いバンダナ巻いて、結構ラフな感じで楽しんで演奏してましたよ。

得意な曲は、
バッハのトッカータとフーガをギターソロ用に編曲して、イングヴェーマルムスティーン張りで、
結構かっこ良く決めてたんですよ。ある意味、当時では早弾きを極めてました。


もう、しばらく楽器も触ってないけど、体が覚えてるから何となくなら弾けるかな。
全然、指が動かないけどねぇ。

では、また。

娯楽 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その78 (緊急地震警報発令)

2011-07-28 21:13

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日は、これまでの最長記録に並ぶ10時間も地震が無いかと思えば、三陸沖でM5.6の中規模地震があり、
変化の激しい日となりました

グラフの方ですが、この10時間の小休止により、予測はM0.5上昇、予測はM0.7上昇してしまいました。
震度の予測59.jpg

予測については、M5.6でリセットがかかり、直前値もM5.76ですので、規模はほぼ正解でした。
時間が若干早まったのは、10時間の影響により、断層角45度を待たずに発震したものと考えます。

問題は、予測ですが、現在値(18:20)M6.911で+誤差0.65を加えると最大M7.56となります。

私は、このM5.6が更に大きな地震の前震ではないかと考えております。
この考えが正しいとすると、およそ2時間後に大きな地震(今回は最大M7.56)が来る可能性があります。

奇しくも、これまでご紹介してきた予測時間が、これらの状況と良く符合しているのです。

これらの状況から、ここに「緊急地震警報を発令」いたします。

         月齢  月出3h-  南中3h-  南中1.6h-  南中3h+  月入3h+  月入4.4h+
  震源域       千葉東方沖 福島浜通り  福島沖   岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地        三陸沖   茨城内陸   三陸沖  
------------------------------------------------------------------------------
◇ 7/28(木) 26.8   23:39    空振り    空振り    空振り(M5.6)19:07    20:30
◇ 7/29(金) 27.8   --:--     6:59     8:22     12:55     20:09    21:32
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

現状から考えうるのは、茨城直下型よりも東北震源の可能性を指摘しておきたいと思います。
万一、今回をやり過ごすとなれば、8月にはM8クラスという危機的状況が待っていることになります。

あぁ神さま、起こることが避けられないならば、出来るだけ遠く、出来るだけ深い震源域を望みます。
皆さまには、強い揺れに備えてください。嫌なブログとなってしまいました。

平穏な朝が来ることを祈ります。

では、また。


追伸
問題の20:30から20分以上経過したので、ひとまずホッとしていたのですが、
あらためて、M6.5超の地震で、その前震がM5.5程度のものを検索すると、
何と2時間後ではなく、6時間後のデータの方が多いことが判明致しました。

と言う事は、三陸沖23:39が該当することになります。
まだ、気を抜く訳にはいかないようです。。。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

異様な静けさと、地震雲?

2011-07-28 15:20

携帯からの更新に付き、手短に。

今朝7:31宮城沖から、もう8時間も地震がありません。

念のため、気象衛星画像を見たら、福島沿岸には、優に100kmは有ろうかという直線状の雲が
ハッキリと見えています。

次にM6クラスがあるとすれば、福島から宮城にかけて、19時~21時頃を予測しています。

果たして、どうなりますか。。。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その77 (茨城注意報6)

2011-07-28 06:53

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今朝も静かな朝を迎えました。 そう、静か過ぎます。
M5クラスに至っては、既に58時間も発生がありません

グラフの方は、予測Aが現在値(6:20)M6.208で+誤差0.65を加えると最大M6.86となります。

本当に、予備日も残り僅かとなりました。 予測日時は以下の通りです。

         月齢  月出3h-  南中3h-  南中1.6h-  南中3h+  月入3h+  月入4.4h+
  震源域       千葉東方沖 福島浜通り  福島沖   岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地        三陸沖   茨城内陸   三陸沖
  
------------------------------------------------------------------------------
◇ 7/28(木) 26.8   23:39    空振り    7:12     11:45     19:07    20:30
◇ 7/29(金) 27.8   --:--     6:59     8:22     12:55     20:09    21:32
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

やはり、茨城直下が私の思い過ごしだとしても、確実に予測Aは上昇してます。
今回をやり過ごせても、8月にはM7クラスの大きいのが来ることになります。

では、また。

地震 コメント: 3
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その76 (茨城注意報6)

2011-07-27 20:37

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日は、特に余震回数が少なく、規模も小さいものが続いております。
(予測日時でのM5クラス発生は、相変わらず空振りの連続ですね)

強震モニタでリアルタイムに見ていると、時々震度1に満たない揺れが広がって行くのを
見ることができます。

今回のように、
小休止状態が長時間に及ぶと、以前もご紹介したように、余震の予測規模が急上昇しますが、
この影響は、グラフでもハッキリと見て取れます。
震度の予測58.jpg

予測は現在値(20:00)M6.198で、+誤差0.65を加えると最大M6.85となります。

本当に、予備日も残り少なくなりました。 予測日時は以下の通りです。

         月齢  月出3h-  南中3h-  南中1.6h-  南中3h+  月入3h+  月入4.4h+
  震源域       千葉東方沖 福島浜通り  福島沖   岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地        三陸沖   茨城内陸   三陸沖 
 
------------------------------------------------------------------------------
◇ 7/27(水) 25.8   22:24    空振り    空振り    空振り    空振り   空振り
◇ 7/28(木) 26.8   23:39     5:49     7:12     11:45     19:07    20:30
◇ 7/29(金) 27.8   --:--     6:59     8:22     12:55     20:09    21:32
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

やはり、茨城直下は私の思い過ごしなのでしょうか。。。
このままだと8月に大きいのが来ることになります。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その75 (茨城注意報5)

2011-07-27 06:59

毎度のお付き合いをありがとうございます。

お早うございます。
昨晩も、またもや空振りでした。

そして、この2日間ほどM5クラスが発生していませんね。
これは、ある意味、小休止状態と考えるべきと思います。(予測A,Bともに上昇中です)

グラフも特に変化はありませんが、
このままずるずると8月に突入してしまうと、またM7クラスの可能性が出てきてしまいます。
震度の予測57.jpg
予測Aの現在値(7:00)は、M6.074で+誤差0.65を加えるとM6.72となり、昨晩と変化なし。

さて、予備日も残り少なくなってきました。 日時は以下の通りです。

  ------月齢--月出3h前-南中3h前-南中1.6h前-南中3h後-月入3h後-月入4.4h後--
  震源域        千葉東方沖  福島浜通り   福島沖    岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地           三陸沖   茨城内陸           三陸沖

◇7/27(水)  25.8   22:24    空振り    空振り   10:36   18:00   19:24
◇7/28(木)  26.8   23:39    5:49    7:13   11:45   19:07   20:31
◇7/29(金)  27.8    --:--     6:59    8:23   12:55   20:09   21:33
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

もしかすると、茨城直下は私の思い過ごしかも知れませんが、このままだと8月に大きいのが来ることになります。

では、また。

地震 コメント: 2
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その74 (茨城注意報4)

2011-07-27 00:38

毎度のお付き合いをありがとうございます。

M4クラスはあるものの、なかなか予測どおりにはならないものですね。
グラフも特に変化が無いので省略します。
予測Aの現在値(23:30)は、M6.072で+誤差0.65を加えねとM6.72となります。

さて、残った日時は、以下の通りです。

  ------月齢--月出3h前-南中3h前-南中1.6h前-南中3h後-月入3h後-月入4.4h後--
  震源域        千葉東方沖  福島浜通り   福島沖    岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地           三陸沖   茨城内陸           三陸沖
◇7/27(水)  25.8   22:24    4:39    6:03   10:36   18:00   19:24
◇7/28(木)  26.8   23:39    5:49    7:13   11:45   19:07   20:31
◇7/29(金)  27.8    --:--     6:59    8:23   12:55   20:09   21:33
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

このまま、私の思い過ごしで終わってください。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その73 (茨城注意報3)

2011-07-26 06:02

毎度のお付き合いをありがとうございます。

皆さま、お早うございます。
明け方に何度か揺れましたが、結局、茨城直下型は来ないまま今朝を迎えました。

グラフの方は、特に変化がないので省略いたします。
予測Aの現在値(6:00)は、M5.991で+誤差0.65を考えると、最大はM6.64となります。

残された予測日時は、以下の通りです。


  ------月齢--月出3h前-南中3h前-南中1.6h前-南中3h後-月入3h後-月入4.4h後--
  震源域        千葉東方沖  福島浜通り   福島沖    岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地           三陸沖   茨城内陸           三陸沖

  7/26(火)  24.8   21:14    空振り    空振り    9:27   16:51   18:15
◇7/27(水)  25.8   22:24    4:39    6:03   10:36   18:00   19:24
◇7/28(木)  26.8   23:39    5:49    7:13   11:45   19:07   20:31
◇7/29(金)  27.8    --:--     6:59    8:23   12:55   20:09   21:33
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

このまま、私の思い過ごしで終わってくれることを望みます。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その72 (茨城注意報2)

2011-07-25 22:58

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日は、夜に入ってから、立て続けにM5クラスが発生しておりますが、皆さまに於かれましては、お怪我など
ありませんでしたでしょうか?

まず、20:04の宮城県沖M5.1は、私の予測20:11三陸沖が該当するものと考えます。
次の、20:55千葉東方沖M5.7も、私の予測20:11千葉東方沖が該当し、44分の遅延誤差はありますが、
学術的にも難しい地震予測にあって、これでも十分に高精度ではないかと自負しております。

なお、何れも
震源域が深さ30~40kmにあり、ここでも神さまの手加減があったものと、私は思っています。
(仮に10kmだったら大災害となったことでしょう)

さて、
7/15以来の茨城直下型があるのはないかと言うことで、昨日から地震注意報を継続しておりますが、
実は前回も、千葉東方沖や福島沖の地震とセットで発生しており、また、直前に茨城の地震が小休止する現象も
状況的に酷似しております。

やはり、明日早朝3:30は要注意だと思います。
震度の予測56.jpg
予測Aの現在値(22:30)は、M5.989で+誤差0.65を考えると、最大はM6.6となります。

それから、今朝早朝3:51の福島県沖M6.2の発生時刻について、福島県沖のM5クラスのデータを調査した結果、
一般断層が45度の傾斜であるのに対し、ここでは66度程度であると解釈すると、発生時刻の説明が付くことが判明
しましたので、今後は、これらを考慮した予測表を掲載することと致します。

  ------月齢--月出3h前-南中3h前-南中1.6h前-南中3h後-月入3h後-月入4.4h後--
  震源域        千葉東方沖  福島浜通り   福島沖    岩手沖   宮城沖   福島沖
  候補地           三陸沖   茨城内陸           三陸沖

◇7/25(月)  23.8  ほぼ的中    空振り    ほぼ的中   空振り   空振り   空振り  
  7/26(火)  24.8   21:14    3:30    4:54    9:27   16:51   18:15
◇7/27(水)  25.8   22:24    4:39    6:03   10:36   18:00   19:24
◇7/28(木)  26.8   23:39    5:49    7:13   11:45   19:07   20:31
◇7/29(金)  27.8    --:--     6:59    8:23   12:55   20:09   21:33
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした(千葉東方沖のみ±45分)]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

茨城近辺の皆さまには、私の予測が的中した場合、
時間帯が真夜中から明け方にかけてなので、基本は就寝環境の再チェックを推奨致します。
(近くに落下物が無いないか、照明類を手の届く範囲に置くなど)

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

福島と宮城の皆さま、大丈夫でしたか?

2011-07-25 07:35

毎度のお付き合いをありがとうございます。

地震警報を解除した矢先に、
昨晩遅く、3:51に福島県沖でM6.2、最大震度5弱の余震がありました。
が、今回も深さが40kmと深いものだったので、神さまの手加減があったと感じます。

余震規模は、昨晩の予測M5.962の+誤差0.65を考えればM6.6と出ますが、
よもや、立て続けに大きいのが来るとは思いもよらず、正直なところ、想定外でした。。。
また、予測日時も1時間半近く遅延誤差があり、少なくとも、これまでの断層と角度の違う
ものではないかと考えております。

今後は、この震源域を個別管理しなければいけなくなりました。

今回のM6.2にもあるように、リセット後数日でも、大きいのが来る可能性があります。

茨城の注意報は継続ですので、引き続きよろしくお願い致します。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その71 (茨城は注意報かも)

2011-07-24 21:50

毎度のお付き合いをありがとうございます。

7/23のM6.4で予測A,Bともにリセットは掛かりました。
しかしながら、予測Aの最低ラインはM5.8です。(21:10現在M5.957)
震度の予測55.jpg

このところ、気になっているのですが、茨城震源の余震回数の増加です

調べてみると、7/23のM6.4以前は、茨城での余震割合は20~30%でしたが、
あのM6.4以降は、一気に50%まで増加しています。

そして、
7/15に茨城南部の直下型で、最大震度5弱の地震があった際は、その2日前から今回と同じように、
茨城震源の余震割合が増加していました。

これらを素直に考えれば、明日か明後日に茨城直下型地震の可能性があることになります。

と言う訳で、茨城に地震注意報を出そうと思います

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
  震源域         千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
  候補地           三陸沖    茨城内陸             三陸沖

  7/24(日)  22.8   本日の予測時刻は、全て空振りでした。
◇7/25(月)  23.8   20:11     2:27     8:24    15:41
  7/26(火)  24.8   21:14     3:30     9:27    16:51
◇7/27(水)  25.8   22:24     4:39    10:36    18:00
◇7/28(木)  26.8   23:39     5:49    11:45    19:07
◇7/29(金)  27.8    --:--      6:59    12:55    20:09
[◇は予備日]
[3/11本震以降の余震データ検証では、予測日時の誤差は±20分でした]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]
※予測日時計算を自動化した関係で、計算ミスを含めて、以前ご紹介の時刻と若干の差異があります

茨城近辺の皆さまには、特に「南中3h前」を念頭に、強い揺れに対応できるよう、十分にご注意ください。
時間帯が真夜中から明け方にかけてなので、基本は就寝環境の再チェックを推奨致します。
(近くに落下物が無いないか、照明類を手の届く範囲に置くなど)

全てが、私の思い過ごしであることを祈ります。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その70 (警報解除)

2011-07-23 18:52

毎度のお付き合いをありがとうございます。

本当に驚きました。

13:34に宮城県沖でM6.4、最大震度5強の強い余震がありました。

余震規模は誤差範囲から多少ずれたものの、日時(誤差5分)、震源地ともに的中しました。
  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
  震源域         千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
  候補地           三陸沖    茨城内陸             三陸沖
◇7/23(土)  21.8   --:--   不発でした  不発でした  M6.4

これで、心配されたM8は、とりあえず回避されたことになります。
予測値も、A,Bともにリセットが掛かっております。
震度の予測54.jpg

それにしても、今回の余震は大きかったですが、神さまは随分と手加減してくれたのだと思います。
何といっても、震源域の深さです。15:35気象庁発表によると、47kmです。
これが、10kmたったらと思うと、ゾッとします。

これをもちまして、地震警報を解除いたします。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

ただ今、宮城沖で大きな地震がありました

2011-07-23 13:45

毎度のお付き合いをありがとうございます。

ただ今、宮城県沖でM6.5、最大震度5強の大きな余震がありました。

震源地も、予測通りでした。

震源地に近い皆さま、お怪我はありませんでいたか?

これで、やっと予測もリセットが掛かりました。

取り急ぎ、ご報告まで。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その69 (地震警報発令17)

2011-07-23 09:26

毎度のお付き合いをありがとうございます。

お早うございます。グラフの方は特に変化が無いので省略します。
予測の現在値(6:50)は、M7.444で+誤差0.65を加えると、M8.09です。(-誤差0.65では、M6.79です)

さて、
残された日時が段々と少なくなって来ましたが、万一、8月まで持ち越してしまうと大変なことになります。
(余震確率が3.5倍の特異日が8/8にありますが)

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
  震源域         千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
  候補地           三陸沖    茨城内陸             三陸沖
◇7/23(土)  21.8   18:18    不発でした  不発でした  13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
[◇は予備日]
[3/11本震以降、M6超の余震データ検証での最大誤差は18分以内でした]
[的中率は、M5.4以上を対象とすれば、大体3日に1回程度は当たってます]

では、予測日時の±20分は、特に強い揺れに対応できるよう、十分にご注意ください。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

月の位置関係(潮汐ベクトル方向)と震源域予測の可能性について

2011-07-23 09:02

毎度のお付き合いをありがとうございます。

前回の「余震はいつまで続くのか?その68」の中でご紹介した震源地予測の可能性について、
更に、過去のM6クラスの余震を検証した結果、以下の様な傾向にあることが判明しました。

    --月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
震源域  千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
候補地   三陸沖     茨城内陸             三陸沖

これで一応、余震の日時、規模、震源域の3点セットが揃ったことになります。
(注:これまでの余震実績からの推定ですので、どうしても東北地方が多くなっています)

これからは、この3点セットでご紹介していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
震源域           千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
候補地             三陸沖    茨城内陸             三陸沖

◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◇は予備日)

さて、皆さまには、既にご承知のこととは存じますが、
これまでの予測実績からも、私の予測に空振りが多いことは明らかですね。
これは、私の予測がM5.4程度以上の統計に基づく余震発生の可能性(確率論)を思考している事に起因します。

例えば、
M5.4以上の余震は、この一ヶ月平均で3日に1回程度ですので、当然空振りが多いことになります。
したがいまして、私の予測は、防災の一助とお考えいただき、参考程度にご覧いただければ幸いです。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その68 (地震警報発令16)

2011-07-22 20:17

毎度のお付き合いをありがとうございます。

本日の予測は、全て空振りに終わったようですね。
その代わりではないですが、本日はM4超の余震が8回という、至近にない特異日となりました。

グラフについては、特に変化はありませんが、予測A,Bの差が開いたため、予測規模の下限値も入れてみました。
震度の予測53.jpg

残された、予測日時は以下の通りです。

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◇は予備日)

さて、ここで至近でM6超の余震について少し検証してみようと思います。
対象は、7/23 6:51の岩手沖でM6.7ですが、
この日の月齢は21.3で、発生時刻の6:51は月南中3h後8:05に潮汐ベクトル補正の進み1:25を考慮すると、
6:40となって、予測誤差11分となります。

これを明日の月齢21.8に当てはめると、月南中3h後に潮汐ベクトル補正を考慮した時刻6:32が相当します。

つまり、
同じ月齢で月の位置関係が符合する明日7/23 6:32での発生ならば岩手沖ではないかと考えました。

また、以前検証した、7/15 21:01の茨城県南部でM5.4の潮汐ベクトル(南中時3h前)と符合する、
今夜の7/23 0:33の発生ならば茨城内陸と考えられます。

更に、既に検証済みの7/10 9:53の三陸沖M7.3の潮汐ベクトル(月出3h前)と符合する、
明日の夕方7/23 18:18の発生ならば三陸沖と考えられます。

今まで、震源地についての予測には触れて来ませんでしたが、
これまで検証した予測時刻の誤差が20分以内と、あまりに高精度なので、
潮汐ベクトルの向きに着目すれば、同じ震源地(断層)での再発生を予測できるのではないかと考えた訳です。

まだ、試みの段階ですので、予測日時に加えての、参考事項としてご覧ください。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

気象衛星での異変?

2011-07-22 18:01

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日は、朝からM4クラスの余震が既に6回も発生していますが、逆にこういう日は、予測値は上昇しません。
(グーテンベルク則平均余震規模との差が縮まるためです)

したがって、予測はM7.422で、+誤差0.65を加えるとM8.09です。(-誤差0.65では、M6.79です)

ところで、久々に気象衛星の可視画像を確認したら、優に150km超の地震雲と思われる雲が、
お昼過ぎから今も同じ位置で、房総から伊豆諸島方面に向かって伸びています。
気象衛星地震雲1.jpg

周りの雲が台風の動きによって目まぐるしく散り去っていく中、この雲はずっと同じ位置に固定化されています。
(これって、異常ですよね)

そろそろ、次の予測時刻17:57に近づいてまいりました。
これまでの予測時刻の精度検証結果から、予測誤差は±20分程度と考えますので、
およそ17:40~18:20は、強い揺れが来ても対応できるよう、備えて下さい。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その67 (地震警報発令15)

2011-07-22 12:44

毎度のお付き合いをありがとうございます。

お早うございます。グラフの方は特に変化が無いので省略します。
予測の現在値(6:50)は、M7.420で+誤差0.65を加えると、M8.07です。(-誤差0.65では、M6.77です)

残すところ、あと5日間となりましたが、
これまでのケースでは、特異日の次の日も大きいのが来る傾向があるようです。

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
  7/22(金)  20.8   17:57    不発でした  不発でした  12:37
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◆は特異日、◇は予備日)

皆さまには、予測時間の±20分は、いつ大きな揺れが来ても対応できるよう、ご注意下さい。
出来れば、この計算(余震規模について)が間違っていてほしいです。

では、また。

追伸
今朝から、千葉と茨城で立て続けにM4クラスが4回も発生しています。
これらが、単にエネルギーの解放なら良いのですが、次の前震とも考えられます。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

分析するほど嫌なデータが揃います

2011-07-22 00:31

毎度のお付き合いをありがとうございます。

特異日である今日も、残すところあと1時間を切りましたが、24:00が怖いです。

と言うのも、7/15 21:01に茨城県南部でM5.4、最大震度5弱の時の潮汐ベクトルを計算すると、
当日月齢13.8の南中時3h前が20.59に対して、潮汐ベクトルによる進み補正が0:16ですので、
20:43でちょうど潮汐ベクトルが地面に対して45度方向となります。
すると、予測誤差は18分となります。

これに加えて、M5.4の2時間前に茨城県沖でM3.8の前震と思われる余震がありました。

そして今日は、
20:53に茨城県北部でM3.3の余震がありましたが、これは次の予測時刻24:00の3時間前です。
しかも、24:00は茨城県南部の時と同じ、南中時3h前になります。

やけに不都合な方向に、状況が一致してきます。
しかも、昨日から時間を追うごとに千葉と茨城の余震割合も増加しています。(この12時間は50%)

これまでの予測日時の検証実績から、
予測誤差は±20以内と考えられるので、次は、23:40~翌0:20の間と思われます。

全てが、私の思い過ごしであることを祈ります。

では、また。

追伸
先ほど、23:21に茨城沖でM3.9の地震がありました。
更に、 0:05にも茨城沖でM2.8の地震がありました。

追伸2
既に予測時刻を25分超経過していますので、取りあえず特異日はやり過ごしたと考えます。
ただ、今後も大体6時間毎に予測日時が巡って来ますので、引き続き警戒下さい。
私は、今日はこれにて就寝いたします。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その66 (地震警報発令14)

2011-07-21 19:02

毎度のお付き合いをありがとうございます。

帰宅して真っ先に、
今日の余震データを入力したところ、予測A,Bともに0.22の上昇となりました
予測の現在値(18:50)は、M7.402で+誤差0.65を加えると、M8.05です。(-誤差0.65では、M6.75です)
震度の予測52.jpg

もう、完全にスケールオーバーです。 残された、予測日時は以下の通りです。

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
◆7/21(木)  19.8   不発でした  24:00    不発でした  不発でした
  7/22(金)  20.8   17:57     0:00     5:58    12:37
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◆は特異日、◇は予備日)なお、月南中3h前で、7/21 24:00 と 7/22 0:00は同じ時刻を示しています。

皆さまには、とにかく、いつ大きな揺れが来ても対応できるよう、ご注意下さい。
出来れば、この計算が間違っていることを願うばかりです。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

特異日の空白時間は危険信号?

2011-07-21 15:51

携帯からの更新に付き、手短に。

10:27の茨城県北部でM3.2以降、既に5時間超の空白時間が続いています。

仮に、次の予測時間17:41まで続くと7時間超となり、おそらく予測Aは0.3程度上昇し、M7.5になると考えられます。
更に+0.65すると確実にM8。。。

これが本当なら、大変な事態です。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その65 (地震警報発令13)

2011-07-21 07:15

毎度のお付き合いをありがとうございます。

震源地が千葉、茨城から大分全国に散らばった感があります。

今朝は、沖縄でM5.3があり、予測Bのみリセットが掛かっています。
予測の現在値(7:00)は、M7.173で+誤差0.65を加えると、M7.82となってます。
震度の予測51.jpg

いよいよ今日は、地震の特異日です。

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
◆7/21(木)  19.8   17:41    24:00    不発でした  11:52
  7/22(金)  20.8   17:57     0:00     5:58    12:37
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◆は特異日、◇は予備日)なお、月南中3h前で、7/21 24:00 と 7/22 0:00は同じ時刻を示しています。

皆さまには、今日一日、いつ大きな揺れが来ても対応できるよう、ご注意下さい。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その64 (地震警報発令12)

2011-07-20 19:16

毎度のお付き合いをありがとうございます。

昨日までは、
震源地が異常なまでに、千葉と茨城に集中していましたが、次第に全国へ分散してきたようです。
グラフの方ですが、今日は最大でもM4.1程度で全体に小さい余震が続いている影響もあって、更に上昇しています。
予測の現在値(18:00)は、M7.164で+誤差0.65を加えると、M7.78となってます。
震度の予測50.jpg

今日は、予備日と言うこともあってか、予測日時での余震は、ことごとく発生なしですね。
元々、月齢と月の位置関係の統計を取った時に、M5以上でないと有意差がなかったので、当然ですが。

いよいよ、明日は余震確率4倍以上の特異日です。
余震確率を見ていただくと判ると思いますが、明日にかけて急上昇するので、今夜の23:31も要注意です。

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
◇7/20(水)  18.8   不発でした  23:31    不発でした  不発でした
◆7/21(木)  19.8   17:41    24:00     5:27    11:52
  7/22(金)  20.8   17:57     0:00     5:58    12:37
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◆は特異日、◇は予備日)なお、月南中3h前で、7/21 24:00 と 7/22 0:00は同じ時刻を示しています。

M7クラスの大きいのが来るのは、多分避けられず、もう時間の問題だと思います。
あとは、神さまが出来るだけ被害の少ない震源地を選んでくれるのを祈るのみです。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その63 (地震警報発令11)

2011-07-20 07:28

毎度のお付き合いをありがとうございます。

昨晩は、今日に入ってからの有感地震がたったの3回と、非常に間隔が空いています。
予測の現在値(7:10)は、M7.129で+誤差0.65を加えると、M7.78です。
震度の予測49.jpg

残された日時は、
以下の通りですが、予備日は発生確率が平均前後で低いです。やはり運命の日は7/21でしょうか。
  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
◇7/20(水)  18.8   17:28    23:31    不発でした  11:08
◆7/21(木)  19.8   17:41    24:00     5:27    11:52
  7/22(金)  20.8   17:57     0:00     5:58    12:37
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◆は特異日、◇は予備日)なお、月南中3h前で、7/21 24:00 と 7/22 0:00は同じ時刻を示しています。

とにかく、大きいのが来ても、出来るだけ被害の少ない震源地を選んで欲しいです。

では、また。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

余震はいつまで続くのか?その62 (地震警報発令10)

2011-07-19 23:50

毎度のお付き合いをありがとうございます。

午前中のM5.3は、発生時刻がほぼ的中、規模も予測BでM5.46とほぼ一致しました
震源地の関東集中は、多少分散化して来ましたが、茨城近辺の余震が多いのが気掛かりです。

グラフの方ですが、携帯の書き込みで申しましたように、予測Bのみリセットが掛かっており、
予測の現在値(18:20)は、M7.096で+誤差0.65を加えると、M7.75となります。
震度の予測48.jpg

それにしても、予測の差がここまで開いたのは異常事態だと思います。
とくに、ここ2日間の予測の上昇ぶりは、平均伸びの3.6倍と、尋常ではありません。

残された予測日時は、以下になります。

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
  7/19(火)  17.8   不発でした  不発でした  不発でした  M5.3発生
◇7/20(水)  18.8   17:28    23:31     4:59    11:08
◆7/21(木)  19.8   17:41    24:00     5:27    11:52
  7/22(金)  20.8   17:57     0:00     5:58    12:37
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◆は特異日、◇は予備日)なお、月南中3h前で、7/21 24:00 と 7/22 0:00は同じ時刻を示しています。

もう、大きいのが来るのは覚悟していますが、出来るだけ被害の少ない震源地を選んで欲しいですね。

では、また。

追伸
22:08に三陸沖でM5.0の中規模余震がありました。今日2度目のM5クラスです。
予測の現在値(22:20)は、M7.118で+誤差0.65を加えると、M7.77(ゾロ目)となります。

追伸2
ただ今、予測時刻を20分(これまでの最大誤差16分)を過ぎましたので、この時間帯の余震は発生しないと判断
致します。明日は予備日(発生確率が平均以下)ですが、その可能性がゼロではあのませんので、次の予測時刻、
明朝5時に地震で起こされないことを祈りながら、就寝します。

地震 コメント: 0
↓当ブログのご支援をお願い致しますm(_ _)m
↓Please support me. (have angina)
↓こちらのリンクからお買い物して戴けると助かります。

トラックバック: 0

ホーム 次のページ >

Translation(自動翻訳)

プロフィール

Twitter/@Boppo2011

BOPPO

ぼくの名前は「ペントン君」
Sheraton Grande Tokyo Bay Hotel
のマスコットキャラクターです!


【技術屋!BOPPOのブログ】
 へようこそ!

私は、根っからの凝り性です。
一度はまると、納得いくまで
トコトン突き詰めます。
[年表]
幼児期:しょっちゅう怪我して、
 写真には必ず、カサブタか絆創膏
 が写ってました
小学校:コカコーラのハイパーYoyo
 で学校のガラス割ったり
中学校:ルービックキューブで
 県大会まで行ったり
高校:ミニコン(PCではありません)
 で円周率を計算させたり
大学:あれっ!何やってたっけ?
現在:三児の父
◆おっさんではありませんよ

これまでの読者数

現在の読者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

お知らせ Information

[The message to my blog viewer/読者の皆さまへ]
[Information on forecast of earthquake occurrence time at JST]
Welcome! to an "Engineer BOPPO" blog. In this blog, prediction about the earthquake drawn from my original theory is performed. If you are interested, there is possibility of time prediction of the earthquake which happens in your country. Although fundamentally predicted about the earthquake which happens in Japan, if the time difference of JST(Japan Standard Time) and your country is taken into consideration, time prediction of the earthquake which happens in your country may be able to be performed,Please try.
In this theory, the earth is computing based on time for the angle of the vectorial sum of the tide power from the moon and the sun to be in agreement with the slide angle of an earthquake fault. Moreover, the magnitude of an earthquake integrates with the difference of a "Gutenberg-Richter rule" and the earthquake which occurred, and is computing it by the optimal calculation by a back test. However, about prediction of an earthquake scale, it is inapplicable to the earthquake scale which application only to the earthquake which happens in Japan is possible, and happens in your country. In addition, earthquake occurrence probability is statistically drawn from correlation with the Moon phase, and the left mark of the date means In the high order of probability,
"★"(singularity day)
"☆"(cautions day)
"◇"(average day)
"△"(minimum).
About 70% over of bigger earthquakes than M4.0 can guess the error of prediction time correctly in ±60 minutes.
Thank you!
震度の予測115.jpg
[The earthquake data base at 2011.6.15 to 2011.9.15 of 92days in USGS(United States Geological Survey)]

Prediction time table 7months.
(for a busy person)
予測表7ヶ月分(忙しい人のために)
[Prediction1/予測表1(12/06-01/17]
[Prediction2/予測表2(01/18-03/01]
[Prediction3/予測表3(03/02-04/13]
[Prediction4/予測表4(04/14-05/26]
[Prediction5/予測表5(05/27-07/08]


Fundamental explanation about my earthquake prediction theory.
/地震予測理論の基本的な解説
[Fig.1/Physical consideration about a magnetic storm/磁気嵐についての物理的な考察]
[Fig.2/Delay time correlation from magnetic storm generating to a big earthquake/
磁気嵐発生から大地震までの遅延時間相関
]
[Fig.3/Verification of the magnetic storm logic in 3.11 big earthquakes/3.11における磁気嵐ロジックの検証]
[Fig.4/The occurrence probability as bigger earthquake than M5.0 by correlation with a moon phase. (1.0 is an average) /月齢とM5以上の地震発生確率の相関について (1.0を平均とする) ]
[Fig.5/The Simple expression of the JMA seismic intensity by magnitude and the epicenter depth /マグニチュードと震源深さによる震度の簡易算出式について]
[Fig.6/Verification of the Gutenberg Richter rule, and consideration of the foreshock as The phenomenon of a sign/GR則と前兆地震の考察について]
[Fig.7/Analysis about the probability that M7 will occur in the Tokyo region /首都圏でM7が発生する確率についての個人的検証]
[Fig.8/Analysis about the probability that M7 will occur in the Chiba&Ibaraki pref region /千葉・茨城震源域でM7が発生する確率についての個人的検証]
[Fig.9/About The near prediction by Gutenberg-Richter rule in the offing of Iwate-pref and Chiba-pref/三陸沖と銚子沖のGR則による今後の見通しについて]
[Fig.10/The 311 East Japan earthquake disaster predicted that it is possible by Gutenberg-Richter rule? /311東日本震災はGR則で予見出来たのか?]
[Fig.11/The 311 East Japan earthquake disaster predicted that it is possible by Gutenberg-Richter rule? part2/311東日本震災はGR則で予見出来たのか?(その2)]
[Fig.12/Do "The planets Syzygy" and "The super moon" cause a seismic trigger?/惑星直列やスーパームーンは地震トリガーと成り得るのか?]
[Fig.13/"30%" of overall population of Japan will be lost in 25years./日本の総人口の30%は25年で失われるだろう。]
[Fig.14/About The near prediction by Gutenberg-Richter rule in the offing of tounankai-Philippine Plate/東南海沖地震のGR則による今後の見通しについて]
[Fig.15/Consideration of the epicentral area by change of a sea level average altitude./海水面平均高度の変化による震源域の考察]
[Fig.16/Consideration of the delay characteristic from the deep-earthquake of the offing to a late-coming earthquake./沖合の深発地震から後発地震までの遅延特性の考察]
[Fig.17/About The near prediction by Gutenberg-Richter rule in the offing of Miyagi-Outer-rise Pacific Plate/宮城沖アウターライズ地震のGR則による今後の見通しについて]
[Fig.18/About The near prediction by Gutenberg-Richter rule in the offing of Tokachi(Kushiro)/十勝M6.5余震からGR則でM8.5の発生時期を試算]
[Fig.19/The relation of the tsunami height by magnitude and hypocentral distance /マグニチュードと震源距離から到達津波高を試算]
[Fig.20/The line which appears in HAARP spectrum obtained the corroboration which is "standing wave"/HAARPスペクトルに現れる周波数一定の線について]
[Fig.21/Possibility and influence of the X100 Super-Flare/X100級スーパーフレアの可能性とその影響]
[Fig.22/About M7 risk by Gutenberg-Richter rule in the Kanto epicentral-EQ/GR則による関東直下M7リスク評価]

【My favorite bookmark】
[Japan Meteorological Agency:Earthquake Information/気象庁:地震情報]
[Japan Coast Guard:Sea surface temperature of Japan/海上保安庁:日本近海の海面水温]
[NICT:Real-time geomagnetism simulation/NICT:リアルタイム磁気圏シミュレーション→現在停止中]
[Real-time earthquake monitor/強震モニタ]
[NASA:Solar Wind Prediction/惑星間の太陽風シミュレーション]
[NICT:Geomagnetism data/NICT地磁気プロット]
[Helios viewer/太陽観測衛星画像(SOHO,SDO,Stereo)]
[NASA-NOAA satellite image/NASA-NOAA衛星画像]
[Online Scientific Notation Calculator/高機能関数電卓]
[USGS:Latest Earthquakes M5.0+ in the World/世界のM5超地震情報]
[Hi-net:Earthquake information by a seismic observation system/地震観測システムによる震源情報]
[The flood simulation by Tsunami/洪水シミュレーション]
[earthquake report in the World/世界の地震情報]

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
17位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

free counters
visit counter

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。